女を調教するセックステクニック④

女を調教するセックステクニック④ゴックンとお掃除フェラをさせる

海で知り合った女をすぐに調教する7つのテクニック4

精子をゴックンとお掃除フェラをさせる

前回は、女を調教するセックステクニック③は、「フェラをさせる」という話でした。

まず、フェラをさせることができないと今回の精子を「ごっくん」や「お掃除フェラ」は絶対にできないですから。

通常、女の子とホテルに行ってセックスをしてもフェラもしてくれない場合がありますよね。

今回は、そんなことがないようにフェラだけでなく「ごっくん」や「お掃除フェラ」をさせることが大切です。

夏の海は、開放的なので比較的簡単にできたりしますのでちゃんと教育しましょう。

ここでしっかりと「ごっくん」や「お掃除フェラ」をさせておかないと地元に戻った時には、女性は言うことを聞いてくれません。

「ゴックン」をさせる場合は、いくつかのパターンがあります。

何度かセックスをする機会がある場合には、フェラの延長線上で口内発射してゴックンをさせます。

この時は、「精子はタンパク質だからお肌にいいよ!」とか適当なことを言って飲ませます。

短い旅行中に何度もセックスができそうもないのであれば、女を調教するセックステクニック②からの延長線上で行います。

女を調教するセックステクニック②では、水着を脱がさずにずらして生挿入をするようにしました。

ここでは、あなたとセックスをする時は、必ず生挿入。

でも、中出しは絶対にしない

それと女性に裸にならずにセックスをするというレイプ願望を脳裏に刻み込むことでした。

この延長線上で射精は「顔謝」し口元にもっていきくわえさせます。

ここで、少しだけ精子が口に残るのでゴックンさせます。

そして、ゴックンできたことをほめてあげて、お掃除フェラを教えます。

夏の海やリゾート地では、女性は開放的になるので必ずやらせてください。

地元に帰ってからではできないことが多いですから。

↓ ↓ ↓
地元に帰ったらセックステクニックが必ず必要になります

こちらの記事も見てください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る