女を調教するセックステクニック②

女を調教するセックステクニック②水着をずらして生でセックスする

海で知り合った女をすぐに調教する7つのテクニック2

水着をずらして生でセックスする

前回の「女を調教するセックステクニック①」の女を性奴隷にするセックステクニックでは、夜の海に彼女を誘いセックスする方法を伝えました。

今回は、セックスをする時にどのようにしたら女を調教できるのか、簡単な方法をお伝えします。

夏の海では、女性は普段では考えられないほど開放的になります。

なので、セックスは簡単にできてしまいます。

ただ、地元に戻ったら普段通りに戻ってしまうので、そうならないようにセックスするときも計画的に行っていくセックステクニックになります。

セックステクニックと言っても、特殊な技を使うわけでもないので簡単にできますのでそのまま読み進めてください。

「女を調教するセックステクニック①」では、夜の海に誘いセックスする話をしました。

そのとき必ず、「海で泳ごう!」と言って女性が水着で来るように誘導するようにしました。

セックスがしやすいからですね。

セックスは意識して行う

セックスをするわけですが、挿入の時には水着を脱がさずに「水着をずらして挿入」してください。

当然、ゴムは持参していきませんので生挿入になります。

セックスをするときは、何も考えずにしてはいけません。

水着をずらして挿入することにより、女性は犯されているような感じといつものセックスと違う印象を受けます。

なぜそうするのか?

地元位に戻って会った時に、服を脱がなくてもセックスはどこでもできるという印象を与えるためです。

経験上よくおこることは、地元に戻ってデートした時にセックスができないことがあります。

海でセックスができたのに地元でセックスができないのは、普通にセックスしてしまったからです。

これから数回にわたり女を調教し性奴隷にする方法をお伝えしますが、この一つ一つの行動が後々とても役に立ちます。

「挿入の時は、水着をづらして生挿入する」です。

女性の脳裏に、あなたとセックスをするときはパンツをずらしてどこでも生挿入すること。

それと、女性のレイプ願望を植え付けます。

女性を安心させること

生挿入はするけれど決して中出ししてはいけません。

リゾート地に行くと開放的なのでついつい中出しをしがちょです。

しかし、あなたの目的は、「女を調教する」ことです

「生挿入はするけれど決して中出しはしない人なんだ」

と言うことを女性にわからせておくことがとても大切です。

なぜかというと、地元に戻ってセックスする場合はリゾート地と違って現実に戻るので女性にとって避妊は重要になるからです。

何か特別の技を使うことなく女を調教していきます。

この一連の流れを行うことで女性をセックスで調教できるので続きを見てください。

次回も簡単な方法で女を調教する方法をお伝えします。

 

地元に戻ったら、夏の海のようにはいきません。

そこで、セックステクニックも必要になるのでこちらで学ぶのもいいでしょう。

↓ ↓ ↓

セックステクニックを優しく動画で解説しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る